So-net無料ブログ作成
検索選択

国連大使に西田・駐カナダ大使内定 (産経新聞)

 政府は12日、高須幸雄国連大使の後任に、西田恒夫駐カナダ大使(63)の起用を内定した。15日にも閣議決定する。国連では北朝鮮による韓国哨戒艦撃沈事件をめぐる安全保障理事会決議の取り扱いなど重要課題が山積しており、過去に国連政策を担当する外務省総合外交政策局長などを歴任した西田氏の起用が適任と判断した。

 西田氏は昭和45年に外務省入省。経済協力局長、総合外交政策局長、外務審議官を経て平成19年1月からカナダ大使を務めている。政府は、高須国連大使の在任期間が来月で3年を迎えることから、後任の人選を進めていた。

【関連記事】
普天間期限を後悔 大ざっぱすぎた鳩山前首相 
沖縄米軍、午前0時以降は外で飲酒を禁止
中国、丹羽氏の大使起用に同意 7月にも赴任
確かに「ジャパン」と言った…国防長官がくれたスクープ
「民主主義への挑戦」福島氏が外相批判
電撃的な首相退陣劇の裏で何が…

荒井国家戦略相、職員に訓辞も疑惑説明せず (産経新聞)
地域支援ベースにしたアウトリーチが重要―厚労省検討チーム(医療介護CBニュース)
奇跡の帰還で仕分け見直しへ 「はやぶさ」後継機に追い風(J-CASTニュース)
参院選ネットで公開討論会 大阪JC、9予定者が動画も(産経新聞)
兵器造れる機械部品を不正輸出?貿易会社を捜索(読売新聞)

<国道2号騒音訴訟>原告被告とも控訴 広島高裁に(毎日新聞)

 広島市の国道2号の騒音被害などを巡る損害賠償請求訴訟で、原告の住民側と、被告の国・市の双方が3日、広島地裁判決(5月20日)を不服として広島高裁に控訴した。一方、国は同日、低騒音舗装の新規敷設や遮音壁かさ上げなど、沿道環境の改善策を発表した。

 1審判決は「沿道住民の一部が国の環境基準を超える騒音にさらされ、受忍限度を超えている」として、総額2160万円の損害賠償を支払うよう国に命じた。判決は受忍限度の線引きを「昼間は屋外で65デシベル以上、夜間は屋内で45デシベル以上」と設定したが、国と市は控訴理由を「現行の環境基準はおおむね満たしており、受忍限度の考え方に隔たりがある」としている。住民側は、沿道への通勤者を含むすべての原告への損害賠償が認められなかったことなどを理由にしている。【中里顕】

【関連ニュース
国道2号訴訟:国などに賠償命令 住民騒音被害で広島地裁
国道2号訴訟:騒音被害に賠償命令 道路公害、苦しむ人に勇気 /広島
中部国際空港:騒音定期監視 全調査地点で住居基準下回る /愛知
風力発電:伊方エコ・パーク、騒音調査を開始 /愛媛
きのうの夕刊から:国道の騒音に賠償命令

菅首相が、1日でも長くトップでいるために(Business Media 誠)
「猫の目」教員免許、先読めず現場困惑(読売新聞)
シー・シェパード 元船長公判 6月10日で結審へ(毎日新聞)
菅首相が誕生=官房長官に仙谷氏―「枝野幹事長」を検討・組閣は8日(時事通信)
電柱衝突、警官重傷=車急発進の男逮捕―大阪府警(時事通信)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。