So-net無料ブログ作成
検索選択

「条件整わないうちに作業」…JR西の作業員死亡事故、運輸安全委が調査報告(産経新聞)

 兵庫県明石市のJR山陽線で昨年2月、線路の枕木を回収する夜間作業中に作業員1人が列車にひかれて死亡した事故で、運輸安全委員会は26日、社内規定に反し、条件が整わないうちに作業を始めたことなどが原因とする調査報告書をまとめた。作業員らへの教育の不徹底も指摘しており、管理・監督するJR西日本に対し「安全管理体制を根本的に立て直すことが必要」との所見をつけた。

 報告書によると、作業はJR西の社員と工事請負会社の作業員計10人が担当。現場は4線が並行して走っており、男性作業員(74)がいた線路の両脇を貨物列車と快速列車がほぼ同時刻に通過。作業員は快速列車にはねられ死亡した。

 JR西の社内規定では、隣接する2線のうち1線で列車が来ないことを確認する「線路閉鎖手続き」を行った上で同社に工事の着手承認を受けなければ作業を始められないことになっている。ところが、当日の午前中に追加作業の依頼を受けていたことから、現場を指揮する工事請負会社の責任者(60)は、2人いる見張員を両脇の2線に一人ずつ配置すれば作業は可能と判断。着手承認を受けないまま、予定より30分以上早く作業に取りかかり、両脇を列車が通過する事態を招いた。

 調査報告書は、請負会社の現場責任者が、見張りの方法や作業開始条件について誤解していた可能性を指摘。作業工程を変更する場合に必要なJR西の監督者との打ち合わせも「作業区間は変わらないから」との理由で行われなかったことも判明しており、「報告を行いやすい環境を整えることが重要」と職場環境改善の必要性にも触れた。

【関連記事】
「資料あれば報告書変わった」福知山線脱線で元事故調委員
JR西日本と「4・25ネット」が合同で事故原因検討会立ち上げへ
報告書漏洩問題でJR西が事故被害者に説明会
JR西漏洩問題 「報告書への影響なし」内部調査結果
運輸安全委員「脇甘かった」 JR福知山線事故の報告書漏洩問題

<普天間移設>「ベストを探す」首相が強調(毎日新聞)
踏み倒し続出、路上禁煙違反の過料2000円(読売新聞)
介護職員処遇改善交付金、2月サービス分の申請期限を延長―厚労省(医療介護CBニュース)
医療用医薬品市場、7.2%の高成長(医療介護CBニュース)
「全裸で家事代行」が話題 富裕層向け?新手の風俗?(J-CASTニュース)

シティ元幹部に脱税容疑=1億3000万円隠し告発−東京国税局(時事通信)

 米金融大手シティグループの在日支店(現シティバンク銀行)の北出高一郎元幹部(61)が、米国本社から与えられたストックオプション(自社株購入権)による利益などの所得約1億3000万円を隠し、約3000万円を脱税したとして、東京国税局から所得税法違反の疑いで、東京地検に告発されていたことが22日、分かった。
 脱税容疑分も含め、2007年までの3年間で海外口座にあった国外所得約8億円が無申告だったという。
 北出氏は加算税を含めた追徴税額の1億数千万円について、既に修正申告したとみられる。 

【関連ニュース
〔写真特集〕現金ざくざく! 脱税摘発
外資系証券元部長を脱税容疑で告発=社員100人超の申告漏れも指摘
マッコリ輸入販売会社を起訴=法人税を脱税
J&J日本元代表を在宅起訴=5800万円脱税
ペットショップが5500万円脱税=法人税法違反容疑で告発

<日歯連>参院選比例で民主擁立の歯科医師支援を決定(毎日新聞)
長崎知事選、21日投票=「政治とカネ」の影響注目(時事通信)
高速道無料化 海外では 渋滞回避が大原則/混雑課金導入も(産経新聞)
「高校無償化」の留保撤回へ=国際人権規約で対応−政府(時事通信)
振り込め詐欺、だまされたふり作戦で1日2人逮捕(読売新聞)

五輪フィギュア 保育園児が鈴木応援 愛知・豊橋(毎日新聞)

 バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子のショートプログラム(SP)が23日(日本時間24日)行われ、鈴木明子選手(24)=邦和スポーツランド=が卒業した往完保育園(愛知県豊橋市往完町)では園児44人が金メダルなどを描いたペットボトルを手に声援を送った。

 鈴木選手は、1991年3月に卒園。当時の鈴木選手を知る加藤ひとみ保育士は「両親に大切に育てられた、おしゃまな子でした。摂食障害を克服し、よく自分を取り戻し、ここまで来た」と感慨深げだった。鈴木選手は自己ベストの61.02点をマークした。

 園児たちは1月、金メダルの絵や応援の寄せ書きをした手作りの横断幕を、鈴木選手に贈った。教室では「あきこおねえさん がんばってね」と書かれた横断幕をバックに「金メダル!」「がんばれ」などと、ペットボトルをたたいて声援を送った。【加藤新市】

【関連ニュース
五輪フィギュア:浅田と安藤に大声援 中京大
五輪フィギュア:がんと闘う母のために滑る 米代表の長洲
五輪フィギュア:浅田SP2位、安藤4位 首位はヨナ
五輪フィギュア:浅田、ヨナに及ばず 女子SP
五輪複合:高橋大斗、復活ジャンプ

<小林多喜二祭>命日に120人、墓前に花 北海道・小樽(毎日新聞)
日本主導で核軍縮会議=今年後半の開催目指す−岡田外相(時事通信)
国連の温暖化報告書、誤記や金銭問題浮上(読売新聞)
北教組事務所を捜索、民主・小林議員側への資金提供疑惑(産経新聞)
<機密費>前政権末期の支出「それまでと異なる」 政府見解(毎日新聞)

シリアスからコメディーまで=ベルリン映画祭最優秀女優賞の寺島さん(時事通信)

 第60回ベルリン国際映画祭で最優秀女優賞を受賞した寺島しのぶさん(37)は、歌舞伎俳優の尾上菊五郎さんと女優の富司純子さんを両親に持ち、弟も歌舞伎俳優の尾上菊之助さんという芸能一家に育った。幼いころからドラマやCMなどで活躍し、これまでも数々の演劇賞や映画賞を獲得、芝居巧者として知られていた。
 大学在学中の1992年に文学座の研修生に。翌年、初舞台の「恋と仮面とカーニバル」で主役に抜てきされ、話題となった。96年の文学座退団後も舞台を中心に活躍、「欲望という名の電車」で紀伊国屋演劇賞、「私生活」で文化庁芸術祭賞優秀賞を受賞するなど高い評価を受けてきた。
 映画では03年の「ヴァイブレータ」「赤目四十八瀧心中未遂」の演技が大絶賛され、その年の映画各賞を総なめに。現在は舞台「血は立ったまま眠っている」、大河ドラマ「龍馬伝」に出演。情念を内に秘めたシリアスな演技からコミカルな役柄まで幅広くこなせる女優として、主役、脇役を問わず活躍している。 

【関連ニュース
寺島しのぶさんに最優秀女優賞=田中絹代さん以来35年ぶり
クロージング選出は「光栄」=「おとうと」の山田監督
「パレード」に批評家連盟賞=ベルリン映画祭
力強い反戦映画と評価=若松監督「キャタピラー」
「正義の戦争はない」=最高賞候補の若松監督

同一犯?大阪・西成で不審火3件(産経新聞)
建て替えか、保存か 揺れる復興小学校(産経新聞)
「守り」の党首討論に決意=鳩山首相(時事通信)
<乱気流>成田行きユナイテッド機が遭遇…けが人多数か(毎日新聞)
消費税や年金、与謝野氏「超党派で協議を」(読売新聞)

<児童ポルノ>被害最多 虐待も過去最悪に 09年統計(毎日新聞)

 09年に全国の警察が摘発した児童ポルノ事件は935件(前年比38.3%増)、18歳未満の被害児童は411人(同21.6%増)で、いずれも統計を取り始めた00年以降で最多となったことが警察庁のまとめで分かった。児童虐待事件も、死亡児童は前年の45人から28人(同37.8%減)に減少したものの、摘発事件数335件(同9.1%増)、被害児童数347人(同8.8%増)とも統計を取り始めた99年以降で最多となった。

 警察庁によると、児童ポルノ事件の被害児童の内訳は高校生が162人と最も多く、中学生159人、小学生56人の順。未就学を含む小学生以下の被害は65人(同66.7%増)で全体の15.8%。

 インターネット掲示板や電子メールなどネット利用にかかわる事件が507件(同99.6%増)と大幅に増加し、全体の54.2%(同16.6ポイント増)を占めた。ネットを通じた不特定多数に向けた提供やファイル共有ソフトの浸透などが数字を押し上げたとみられる。

 児童虐待事件の被害は女児が204人、男児が143人。年齢別では1歳未満が最も多く40人、次いで14歳30人、15歳28人、12歳27人。傷害や暴行などの身体的虐待が244人、強姦(ごうかん)や強制わいせつなどの性的虐待が91人、育児の怠慢や拒否が12人だった。

 逮捕・書類送検された356人と被害児童との関係は、実父が118人で最多。次いで実母98人、養・継父67人、内縁の父53人など。死亡した児童28人の状況は、傷害致死12人、殺人8人、重過失致死4人、逮捕監禁致死と保護責任者遺棄致死が各2人だった。【千代崎聖史】

【関連ニュース
東京7歳児虐待:静岡で強盗容疑、継父を再逮捕へ
3カ月長男虐待:容疑の父親逮捕 脳に障害か 大阪
親権制限制度:民法改正を法制審に諮問 法相
児童虐待:防止に文科省と厚労省が会議 欠席情報共有へ
匿名通報ダイヤル:2月から児童虐待の情報も受け付け

大阪・都島区でアパート火災、男性2人死亡(読売新聞)
消防機関からAED不具合の疑い事例報告328件(医療介護CBニュース)
<金嬉老事件>現場の旅館に資料館…戦後史に残る劇場型犯罪(毎日新聞)
<架空請求>ご注意 経産省名乗り被害者に(毎日新聞)
インフルワクチン一本化か=WHO推奨受け−厚労省(時事通信)

<五輪スピード>「育ての親」見守る 穂積、石沢選手(毎日新聞)

 14日(日本時間15日)に行われたバンクーバー五輪のスピードスケート女子三千メートルで6位入賞を果たした穂積雅子(23)=ダイチ▽15位の石沢志穂(23)=岸本医科学研究所=両選手は、北海道の駒大苫小牧高時代に同じ下宿で過ごした間柄だ。当時、2人を見守ったのは“下宿のおじさん”と慕われる山崎重悦(しげえつ)さん(73)。山崎さんは「自分の子供と思って接してきた。(日本時間25日に出場予定の)五千メートルは自分の力を信じて滑れば、いい結果が出るはず」と期待している。【久野華代】

 学生時代からスケートに打ち込み、現在は苫小牧スケート連盟会長を務める山崎さん。79年からスケート部を中心に同高の女子生徒を受け入れてきた。

 中札内村出身の石沢選手は入学時に、千歳市に実家のある穂積選手は石沢選手に誘われて2年春から下宿を始めた。部屋が隣同士の2人は妻紀代子さん(69)が作る朝夕の食事をそろって食べていた。

 「『我関せず』という感じで自分を持っていた雅子と、いつもニコニコとしていた志穂の性格は正反対だが、仲は良かった」と山崎さん。ただ、ライバル同士のため試合前にピリピリとしたこともあったため、「(そのような関係が)試合後まで続かないように気を使った」という。

 夜遅くまで練習する2人に「一生懸命やれば必ず五輪に行ける」と言い、フォームについて助言したこともあった。

 山崎さんは「高校時代の2人は五輪に出られるかどうか半信半疑だっただろう。五輪を意識する環境はつくってやれたと思う」と話した。

【関連ニュース
五輪複合:好発進に「金」の力…河野、阿部コーチが指導
五輪スノーボード:国母選手の応援会中止…東海大
バンクーバー五輪:視聴率、開会式は25.4%…関東地区
五輪フィギュア:川口見守る…露の名伯楽、日本の娘誇って
五輪モーグル:ビロドー、最後の選手を待って加に初の金

市場からイチゴ大量に盗む、自分の店で販売(読売新聞)
<金賢姫元死刑囚>中井公安委員長、特例入国を要請(毎日新聞)
五輪モーグル 娘に、妻に称賛惜しみなく 上村4位(毎日新聞)
<非出会い系>被害が前年比4割増 規制強化が影響か(毎日新聞)
<室温調査>北国ほどぽっかぽか 1位北海道、2位青森(毎日新聞)

石巻3人殺傷 包丁に無職少年の指紋 元交際相手、隠蔽か(産経新聞)

 宮城県石巻市の民家で住人の南部美沙さん(20)ら男女3人が殺傷され、妹の沙耶さん(18)が連れ去られた事件で、沙耶さんの元交際相手の少年(18)=監禁容疑などで逮捕=らが沙耶さんを監禁していた知人宅で発見された包丁から、無職少年(17)=同=の指紋しか検出されなかったことが13日、県警石巻署捜査本部への取材で分かった。

 発見時、無職少年は血の付いた包丁を所持し、「3人を刺したのは元交際相手の少年。罪をかぶれといわれて持たされた」と供述していることも判明。捜査本部は、元交際相手の少年が犯行を主導する一方で、手袋をはめるなど隠蔽(いんぺい)工作を図った可能性が高いと判断。美沙さんら3人が殺傷された経緯を詳しく調べる

 捜査本部によると、少年2人は10日午前6時40分ごろ、南部さん宅から沙耶さんを車で連れ去り、知人宅で監禁した疑いがもたれている。

 刃物で刺され重傷を負った男性(20)は「元交際相手の少年に3人とも刺された」と話している。

【関連記事】
宮城3人殺傷 惨劇は防げなかったのか
石巻3人殺傷 元交際相手の少年、直前に包丁入手 計画的犯行か
宮城3人殺傷 今月初旬に暴行された美沙さん
石巻3人殺傷 宮城県警が事件前、解体工の少年に直接警告
容疑の少年ら、数人でかくまう? 石巻3人殺傷、逃走車も乗り換え

美沙さんの告別式=親族ら、最後の別れ−石巻・3人殺傷(時事通信)
長谷川等伯展 展示作業行われる 東京国立博物館(毎日新聞)
<訃報>雨宮淳さん72歳=彫刻家、日本彫刻会元理事長(毎日新聞)
修行僧が水ごりの荒行に挑戦 墨田区(産経新聞)
桜の開花日 木・金に集中…なぜ? 東京、気象会社分析(毎日新聞)

<脱税>J&J日本法人の元代表を在宅起訴(毎日新聞)

 親会社から与えられたストックオプション(自社株購入権)で得た利益を隠したとして東京地検特捜部は18日、米医療品大手「ジョンソン・エンド・ジョンソン(J&J)」日本法人の広瀬光雄・元代表(72)=東京都渋谷区=を所得税法違反(脱税)で在宅起訴した。

 起訴状などによると、広瀬被告は05年と07年、ストックオプションを行使して得た親会社の株の売却益など総額約1億5800万円を隠し、所得税約5800万円を免れたとされる。米国や香港、シンガポールの口座にプールし、株式投資に充てるなどしていたという。広瀬被告は01〜08年度、経済同友会の幹事を務めた。

駅構内に地産地消ビストロ=長野県〔地域〕(時事通信)
内閣不支持45%、支持36%=内閣発足後、初の逆転−時事世論調査(時事通信)
<雑記帳>横浜港に停泊のフェリーで青森県の物産展(毎日新聞)
<インフルエンザ>患者報告数2週連続で減少(毎日新聞)
他人名義の口座売ると宣伝=ネットに書き込み容疑の男逮捕−警視庁(時事通信)

押尾被告側が準抗告 保釈請求却下で(産経新聞)

 東京六本木ヒルズのマンションで昨年8月、合成麻薬MDMAを一緒にのみ、死亡した飲食店従業員、田中香織さん=当時(30)=に対する保護責任者遺棄致死罪などに問われた元俳優、押尾学被告(31)の弁護側は10日、保釈請求を却下した東京地裁の決定を不服として、準抗告を申し立てた。

 被告側は今月3日に保釈請求したが、東京地裁は9日、却下する決定を出していた。被告は裁判員裁判で、遺棄致死罪について無罪を主張する方針。

【関連記事】
「無罪主張」押尾学の保釈請求却下される 東京地裁
押尾やっぱり非常識…あきれた保釈請求に元アノ方も激怒
押尾被告、無罪主張へ 弁護人「必要な保護措置取った」
押尾被告、有名芸能人で初の裁判員裁判に
押尾容疑者、10年服役も…容疑否認のまま3度目逮捕

市税・市営住宅家賃滞納、大阪市職員60人処分(読売新聞)
<シャトル>山崎直子さんの両親会見「私たちも喜びを共有」(毎日新聞)
<産地偽装>青森産豚肉と偽り納入の疑い 八戸の業者逮捕(毎日新聞)
1人暮らし女性が窒息死 事件の可能性も 水戸 (産経新聞)
電源コード ぐるぐる巻き危険! 内部で断線、突然発火も(産経新聞)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。